オムツのパンツMをいつまで使うかの判断は着用感!メーカーも比較

パンツタイプのオムツをいつまでMサイズで使うかの判断の基準はおしっこ漏れなど3つです。

パンツタイプのオムツをMからLへの変え時に悩むあなたにはこんな悩みがありませんか?

  • MからLにサイズアップするタイミングが、いつまでかわからない
  • できるだけMサイズを長い期間使って粘りたい
  • オムツのメーカーごとの違いが知りたい

オムツのサイズアップする時に判断する基準やLへの繋ぎ方が分かれば、迷うことなくMからLに変えることができますよね!

この記事でわかること
  • Mサイズで頻繁におしっこ漏れしたりキツそうになったら、Lサイズにする
  • Mサイズのたっち用やマミーポコの商品でLサイズに繋ぐ
  • Mサイズをメーカー別に比較すると、コスパと大きさでマミーポコが良い

この記事では、オムツのパンツをMからLにいつまでにサイズアップするか、について解説します。

沢山オムツを買うときにはやっぱり通販が便利ですよね!

こちらのリンクから内容量や送料などを比べてお得に購入してみましょう♪

マミーポコパンツはサイズ大きめでコスパ最強なのでおすすめです!

楽天24 ベビー館
¥5,174 (2024/06/08 19:32時点 | 楽天市場調べ)

オムツのパンツMサイズはいつまで?漏れたりキツそうならLに

オムツのパンツタイプをMサイズで使う期間をいつまでにするかの基準は、「おしっこ漏れ」と「身体に合わずキツそう」になった時です。

オムツをパンツのMサイズからLサイズへサイズアップするタイミングは難しい、と感じていませんか?

私も子供が小さい頃、オムツのサイズをいつまでに変えるか、時期にとても悩みました。

そこで他のママパパはどうやってMサイズからLサイズに変える判断をしたのか調べてみました。

オムツのパンツタイプをいつまでにMサイズからLサイズへサイズアップするかのタイミングは、一般的には月齢や体重で判断するのが基準とされています。

一般的なLサイズに変える基準
  • 生後18ヶ月を過ぎたら
  • 体重が10kgを超えたら

しかし、実際オムツを使っているママパパの意見をお聞きすると、Lサイズに変えるタイミングの条件として多い意見はこんな結果になりました。

ママパパの感じたLサイズに変えるタイミング
  • おしっこが漏れることが増えた時
  • 足やおなか回りがキツそうになった時

子供の身体は一人一人が全く違うので、一概に生後何ヶ月とか、体重が何キロとかでは判断がつきにくいですよね。

Lサイズに変えるタイミングの決め手はママパパの感じる「オムツが合っていないかも」という感覚です。

あなたの直感に従って判断すると、早く最適なオムツと出会うことができます。

あなたの感覚を大事にして判断すればお子さんのお尻を守り、あなたもお子さんも快適に過ごすことができますよ♪

みんながLサイズへ変えようと決めた時のエピソード7つ!

オムツをパンツのMからLに変えようとママパパが決断した時のエピソードは、肌にオムツの跡がついていたことや、おしっこ漏れに関することなど7つあります!

パンツタイプのオムツをMサイズからLサイズに変えるタイミングは、あなたの感覚で決めるのが確実だと解説しました。

では実際にLサイズへサイズアップするタイミングだと感じたきっかけは、どんなことがあった時なのかエピソードをまとめてみました。

  • 肌に跡がついていて、キツそうに感じた
  • ムチムチしている足の付け根に余裕がなくなってきた
  • お腹周りのゴムの跡が気になった
  • 気がついたらおしっこが漏れていることが増えた
  • おしっこの回数は変わらなけど、量が増えて漏れるようになった
  • 体型は合っているみたいだけど、おしっこがパンパンになっていた
  • 夜のあいだのおしっこが漏れていて、限界を感じた

おしっこの漏れが気になるというエピソードが多い印象で、たくさんのママパパが実感することのようです。

その他に、お腹周りや足回りなどがキツそうになったり、肌に跡がついていた時にLサイズへ変えたというご意見も多くみられました。

子供の体型が変わってオムツに隙間ができて漏れたり、成長とともにおしっこの量が増えて漏れたりといった変化があった時がパンツのLサイズへの替え時のようです。

先輩ママ

子供が段差に登ろうとした時に、オムツが身体にフィットしていなくて漏れることが増えたのでLサイズに変えました。

そろそろ変え時!オムツのサイズが合っているか確認する条件3つ!

オムツのサイズをいつからMからLに変えるか考える時のチェックポイントは、「おしっこの漏れ」と「肌のオムツ跡」と「おへそが見える」ことの3つです!

オムツのパンツタイプをMサイズからLサイズに変えるタイミングを決める条件について、具体的に気をつけておきたいチェックポイントをまとめました!

Lサイズに変える時のチェックポイント
  • おしっこが漏れることが増えてきた
  • お腹周りや足の付け根にオムツの跡がついている
  • おへそが見える

このチェックポイント3つのうちどれかに当てはまる時が、オムツをパンツタイプのLサイズに変えることを検討するタイミングとなります。

おしっこの漏れは、体が成長しておしっこの量が増えたためにオムツが受け止めきれなくなったから起きるサインです。

おむつの跡がついていたり、おへそが見えていたりすると、オムツの大きさがキツくなって身体に合っていないことのサインです。

オムツの宣伝の写真などで、モデルのお子さんのお腹はおへそが隠れていますよね。

正しいサイズで着用しているとおへそは見えないので、見えてきたら変え時のサインです!

パパ

体重は同じでも、お腹や腰まわりが細い子もいれば、太ももとかがムチムチしている子もいるもんね。

身体とオムツのフィット感のズレは子供それぞれで違うんだね!

やはり、月齢や体重ではなく子供の体の成長具合に合わせて、オムツのパンツMサイズからLサイズへ変更していくのが良さそうですね!

Lサイズに変えはじめは徐々に使ってみたり試供品をもらおう

オムツをLサイズする時は、試供品や少量お試しパックでオムツを比較したり、大きいパックで購入して余った分は将来的に使ったりと、いろいろ方法があります。

オムツのパンツタイプをMサイズからLサイズに変える時、いきなり全部をLサイズに変えてしまうと子供の身体と相性が合わなくて困ることが考えられます。

まずはお試しでLサイズを使ってみて、子供の身体に合っているのか確かめておきたいですよね!

Lサイズに変更しても良いか判断するためのお試しの方法はいろいろあります!

  • 今と同じメーカーでLサイズを買ってみる
  • 試供品をもらって試す
  • 少量のお試しパックを買ってみる

この3つの方法は、皆さん今までのオムツ購入の時に実践してきたご経験があると思います。

私は、それまで使っていたオムツのパンツMサイズと同じメーカーのLサイズを買って試してみていました。

先輩ママ

大きいパックで買って余っても、子供の体が大きくなって使えるようになるから。

あまり心配しなくて大丈夫よ!

赤ちゃんがよく寝る環境を整えるための情報が欲しいあなたには読んで欲しい情報はこちら♪

寝かしつけ歴戦の戦士のあなたに、使っていただける情報がこの記事にあるかもしれません!

オムツのパンツMの大きめはたっち用かマミーポコ!Lへの繋ぎに

パンツタイプのMサイズは、ムーニーマンやパンパースなどの大きめサイズで作られているたっち用や、マミーポコの商品を選べば長い期間使えます。

オムツのパンツタイプのMサイズをできるだけ長く使ってオムツにかかる出費を抑えたいと考えているママパパは多いですよね。

Lサイズになると1枚あたりの単価が上がってしまいますから、消耗品にかかる費用が増えて思った以上に家計を圧迫してしまうかも!

そう考えると、少しでも長くパンツのMで過ごしてほしいと考えますよね。

しかし、子供には思う存分成長してほしいし、快適に過ごしてもらうことの方が優先。

この問題を解決する方法は、ズバリ、大きめのパンツタイプのMサイズを使うことです!

そこで、メーカーごとの対象体重と1枚の大きさを比べて、どのオムツが大きめなのかを調べてみました。

商品名対象(kg)1枚の大きさ(cm)
ムーニーマン(おすわり)5〜10kg18.5×18.0
ムーニーマン(たっち)6〜12kg20.5×13.5
パンパース(はいはい)5〜10kg20.5×13.5
パンパース(たっち)6〜12kg20.5×13.5
メリーズ6〜11kg17.5×16.5
グーン6〜12kg18.5×18.0
マミーポコ(大きめM)6〜13kg19.5×16.0
ゲンキ!6〜12kg17.5×16.5

比較してみると、対象体重に大きく差はないのですが、縦横の長さと幅にかなりの違いがありました。

なるべく長くMサイズのパンツタイプを使うためには、やはり大きさは必要ですよね。

サイズが大きめのメーカー
  • ムーニーマン(たっち)
  • パンパース(たっち)

ムーニーマンとパンパースのたっち用は横幅がスッキリしてハイウエスト。

  • パンパース(はいはい)

サイズはたっち用と同じ。まだうんちがゆるい赤ちゃんにおすすめ。

  • マミーポコ(大きめM)

横幅広めなので、いちばん長く使える可能性あり。商品パッケージに大きめと書いていて、大きいことに特化している印象。

「パンツタイプのMサイズを長い期間使う」という視点で選ぶ場合は、この4商品が使えそう!という結果になりました。

ママ

機能性ならムーニーマンかパンパース?コスパ重視ならマミーポコが良さそう!

子供の身体とのフィット感も考えて選んでみます♪

はいはい用とたっち用の違いはゆるうんち対策とたっち時の一体感

オムツのはいはい・おすわり用は子供のうんちがあまり固まっていないゆるい時期に使うタイプで、たっち用はつかまり立ちを始めた時期の子供に使うタイプです。

ここで注目したいのは、ムーニーマンとパンパースには「はいはい・おすわり用」と「たっち用」に分けてパンツタイプのMサイズが作られていることです。

パパ

はいはい・おすわり用とたっち用の違いは何ですか?

  • はいはい・おすわり用

はいはい・おすわり用のパンツタイプのオムツは、その名の通りはいはいやおすわりをしている時期の赤ちゃんに使ってもらうタイプのオムツです。

この時期の赤ちゃんはうんちがまだゆるくて、オムツの中で流れたり背中から漏れたりしがちです。

そのため、はいはい・おすわり用のパンツタイプのオムツにはうんちを受け止めるための工夫がされています。

  • たっち用

たっち用のパンツタイプのオムツは、はいはいからつかまり立ちができるように成長してきた時期の赤ちゃんに使ってもらうタイプのオムツです。

はいはい・おすわり用よりもハイウエストに作られていて、たっちした姿勢でぽこっと出ているお腹にしっかりフィットして動きやすく作られています。

たっちしている時期の子供は、おおむねうんちが固形に近づいているのでうんち漏れに特化した工夫はされていないようです。

子供の成長に合わせて作られているオムツに日々助けられているんですね。

各メーカーの皆さんの努力には頭が上がりません!

まめにメーカーを変えて長い期間Mサイズが使える可能性がある

大きいパンツタイプのMサイズのオムツは、子供の身体の成長に合わせてメーカーを変えたり、こまめにオムツ替えすることで、かなり長い期間使える可能性があります。

なるべくパンツタイプのオムツはMで粘りたい皆さま、その理由は一つですよね。

ママ

オムツはサイズアップすると内容量の枚数が減るのよ!

だから、切実にMで粘りたいの!

オムツはサイズアップすると1パックに入っている枚数が減るので、Mサイズを長く使えばコスパが良く、家計にも余裕が生まれます♪

しかし子供の成長は止められない、長くMサイズを使うにはどうしたら良いのか悩みますよね。

子供の成長に対して、少しでも長くオムツのMサイズを使えるようにママパパ達はどんな方法で対応したのか、エピソードをまとめました。

  • 成長に合わせてメーカーを変えていって、Mサイズを長くを使った
  • 昼はMサイズで、夜におしっこ漏れしがちだったので、夜だけLサイズにした
  • Lサイズはまだ少し大きいと思った時には、Mサイズでこまめに変えて対応した

皆さんいろいろな努力をしていらっしゃることが垣間見えるエピソードばかりです!

番外編エピソードとして、「1歳半過ぎてもまだMサイズで対応できる体型なので、まだまだ使えそう!」というお話もありました。

子供の体型によってオムツのサイズアップタイミングは全く違うということが分かりますね。

工夫して、できることはいろいろ試して、コスパ良くパンツタイプのオムツを使っていきましょう!

子供のお布団をふっくら気持ちよく、清潔にできる布団乾燥機を使ってみませんか?

ダニ退治もできてコンパクトなおすすめ布団乾燥機の情報はこちらの記事でどうぞ♪

オムツのパンツMサイズを比較!高コスパで大きめならマミーポコ!

オムツの1枚当たりの単価とオムツの大きさを比較した結果、最もコスパがいいパンツタイプのMサイズは、マミーポコだとわかりました!

今までのオムツ購入の時も1枚あたりの単価を計算して買ったという方は多いと思います。

そこで、パンツタイプのMサイズの1枚当たりの単価とおむつの大きさを合わせて比較して、どのメーカーがコスパが良くて大きいのかを調べました!

合わせて商品別の注目ポイントも調べてみましたので参考にしてみてください。

商品名対象(kg)1枚の単価(約)注目ポイント
ムーニーマン(おすわり)5〜10kg25円ゆるうんち対策
ムーニーマン(たっち)6〜12kg25円ハイウエスト
パンパース(はいはい)5〜10kg30円薄い、ゆるうんち対策
パンパース(たっち)6〜12kg30円薄い、ハイウエスト
メリーズ6〜11kg25円厚め、伸びがいい
グーン6〜12kg21円ややコンパクト
マミーポコ(大きめM)6〜13kg20円縦横の幅が大きめ
ゲンキ!6〜12kg23円コンパクト

比較してみたところ、1枚当たりの単価がいちばん安くて、しかもオムツの大きさも大きいのはマミーポコでした!

もちろん子供の体型とあっているかは考えないといけませんが、なるべく長い間オムツをパンツタイプのMサイズで使い続けたいあなたにはマミーポコは大きな味方です!

ママ

商品パッケージに大きめって書いてあるし、13kgまで対応なのはすごい。

大きくて安いなんて、助かります!

2番目に安くて大きいのはムーニーマン、3番目がパンパースでした。

ムーニーマンとパンパースは単価が高い商品ですが、品質はご存知の通りとても良いメーカーです。

コストと子供のお尻の快適さの兼ね合いを考えて賢くオムツを選びましょう♪

オムツを通販で安く沢山買おう!セールやポイントアップでお得!

通信販売でサイトごとに比較すれば、安い商品を見つけて沢山購入できますし、セールを見計らってお得に買えたり、ポイントを付与してもらえたりします。

たくさんのオムツを購入する方法は何といっても通信販売ですよね!

まとめて何パックも買ってお家まで届けてくれるなんて、ありがたすぎるサービスです!

通信販売でオムツの購入をしたことはあるけど、なるべく失敗したくはないですよね。

私も購入時期で損したり、結局お値段が高くついてしまったりと、失敗を経験しました。

そこで、通信販売でオムツをまとめ買いするときに気をつけておきたいポイントをまとめました!

オムツを通販でまとめ買いする時のポイントを知っておくと、むしろ割高な商品を買ってしまった!なんて失敗を防ぐことができますよ♪

  • セール期間になった方が、いつもより安くて購入時のポイントが沢山もらえる
  • 通販サイトによって微妙に価格が異なる
  • 送料がかかる場合がある
  • スーパーで売っている1パック売りの方が、1枚の単価が安い時がある

送料の分が価格に上乗せされていて結局高くついてしまうケースや、近所のスーパーの方が割安だった時などは事前に比較したり調べたりして回避したいことですね。

送料はかかってしまうけど、その分はポイントで補える場合もありますので上手に工夫して賢く通販を使いましょう!

まとめ

  • オムツのパンツタイプをMサイズで使う期間をいつまでにするかの基準はおしっこ漏れと身体に合わずキツそうになった時
  • パンツタイプのMサイズは、ムーニーマンやパンパースなどの大きめサイズで作られているたっち用や、マミーポコの商品を選べば長い期間使える
  • オムツの1枚当たりの単価と大きさを比較したら最もコスパがいいパンツタイプのMサイズはマミーポコ

オムツをいつまでにサイズアップするのかは、どのタイミングも悩むと思いますが特にパンツタイプのMからLに変える時は悩みますよね。

子供の身体に合っているかや、成長にうまく対応しているかなど、毎日子供と接している親御さんだからこそいつまでか判断できる感覚が重要だと分かりました。

いつまでには変えないと!などとあまり悩み過ぎず、失敗しても良いじゃないか♪と楽に考えて子育てを乗りこなしましょう!

なるべく長くパンツタイプのオムツをMサイズで使いたいあなたは通販で比較して購入しましょう

それぞれの通販サイトで価格や内容量もそれぞれです。

ポイントや送料も考えて、自分にマッチしたサイトで購入してみてください!

楽天24 ベビー館
¥5,174 (2024/06/08 19:32時点 | 楽天市場調べ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です